HOME 黒蝶真珠総合ページ

黒蝶真珠

黒蝶真珠とは、黒蝶貝から採れる真珠で、グレーや赤や緑やなどを帯びた黒い真珠のことです。この黒色は天然の色です。黒蝶真珠は色が豊富でバラエティに富んでいて、黒色一色ではありません。黒蝶真珠の魅力は、その大きさと個性的で神秘的な色にあります。真珠の色は真珠層をつなぐタンパク質に含まれる色素が重なり合って生まれます。黒蝶真珠のタンパク質には赤・黄・緑の3つの色素が含まれており、これらが重なり合って黒・グリーン・グレー・ブラウン等といった色調になるのです。厳密にいえば一つとして同じ色は無く、多彩な色と輝きを持つ個性的な真珠なのです。

黒蝶真珠の大きさ

真珠のサイズは真珠の直径(mm)で測られています。ドロップなどの縦長の真珠は横の最大サイズを表示しています。「11mmUP」などと表示している場合は、11mm以上ということで、11.0−11.9mmの間のサイズになります。大きさは一定以上の厚さに巻いていれば品質の良し悪しには関係ありません。大きさは真珠の価値を大きく左右するため、価格に大きく影響します。大きくなるほど貴重なものとなるため値段も高価になっていきます。

黒蝶真珠の形

黒蝶真珠の形には、ラウンド(真円)、セミラウンド(やや丸)、オーバル(楕円)、ドロップ(しずく型)、バロック(変形)、セミバロック(やや変形)、ボタン(ボタン型)、サークル(糸巻き状)、ケシ(無核)などの種類があります。完璧な真円の真珠は大きさが大きくなる程育てるのが難しい為、評価は高くなります。美しい形のドロップも評価が高くイヤリングなどのペアで形がそろっていれば真円よりも貴重です。ラウンドもいいですがバロックやケシはとてもユニークで個性があり好まれます。

黒蝶真珠の色

黒蝶真珠の色は黒系、グリーン系、グレー系などが多く、深みのある神秘的な輝きが特徴です。黒蝶真珠の色の中には赤・黄・緑の3つの色が含まれています。これらが重なり合って複雑な色を醸し出します。一概にどの色が良品質であるとは言い切れません。色は一つの基準ではありますが、使用用途と好みになります。服装やお肌の色との相性もありますので、ご試着いただき選ばれるのが良いと思います。

黒蝶真珠ネックレス「ピーコックグリーン」

ピーコックグリーンと呼ばれる黒蝶真珠は黒真珠の色味の名称の1つで、グリーンに赤系の光彩色を放つ色味を孔雀(くじゃく)の羽にたとえています。神秘的な輝きと希少性が高く、最高級といわれています。パーティーなどの行事や普段使いでもシックな色合いがどんな服にも合わせやすく使いやすい色目です。
ただしピーコック鑑別書は色味に対して付けられているわけではなく照りの強さを基準にしていますので純粋な『ピーコックグリーン色』でなくとも取得され表示されることがあります。

黒蝶真珠ネックレス「黒系」

比較的落ち着いたトーンのブラック系。結婚式やパーティーよりは葬儀など控えめなシーンにむいている色目になります。黒蝶真珠は自然の色目なので黒系でも様々なお色が存在しております。肌のお色や用途にあわせてお選びください。

黒蝶真珠ネックレス「緑系」

深いグリーン系のブラックパールから見える、赤や青の美しいテリはタヒチパールならではの美しさです。
お色は中でも、明るめで派手さが全面に出たものでなく、大人の女性にぴったりとも言える、落ち着きと貫録の中に、グリーン系の華やかさがあるタイプ。

黒蝶真珠ネックレス「グレー系」

真珠といって思い浮かべる色は、白や黒ではないでしょうか。アコヤ真珠や黒蝶真珠にも魅力的なグレー色があります。アコヤ真珠のグレーは、青みがかったグレーの中に、ほのかにピンク色が現れ、本来の真珠らしい美しさがあります。黒蝶真珠のグレーは、プラチナの様な美しさを放つものや、深みのあるグレーなど、いろんなニュアンスが楽しめます。また、ナチュラルグレ-の真珠は、とれる量が少なく希少です。年齢を重ね、白い真珠だとちょっと物足りなかったり、黒真珠だと、喪のイメージが強くてと思われる方におすすめの色です。

  • 宇和島真珠展 2018年11月9日(金)~11日(日)ご予約受付中 お電話でもフォームからでもお気軽にお問い合わせください!
  • 宇和島真珠展 2018年11月9日(金)~11日(日)ご予約受付中 お電話でもフォームからでもお気軽にお問い合わせください!
- Present -
来店予約特典

webサイトでご購入または、お電話やweb予約で初来店のお客様にプレゼント! ご来店特典『慶弔用のハンカチ(白&黒) 2枚セットプレゼント』 ご成約特典『真珠用桐箱プレゼント』

【弔事慶事用の綿フォーマル専用ハンカチ(白&黒)】
白と言えば慶事、すなわち結婚式などに参列する際白のハンカチを携帯しますが、弔事でもハンカチに関しては白が基本となってきます。最近では、葬儀・告別式の服装は基本「黒」という事もあり、葬式用に「黒」を1枚用意される事をオススメします。

【真珠用桐箱】
桐箱は軽くて湿気を通さず、内部の湿気を一定に保ち乾燥や湿気に弱い大切な物の保管に向いております。また、内部はクッション性がございますので繊細な真珠も優しく保護してくれる構造となっております。桐箱には特別な高級感がございますので、母、娘、孫と贈り継がれる生涯大切にしたい真珠に御使用下さい。

/